トップ 布団クリーニングについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




布団クリーニング・ガイドダニ対策 > 布団クリーニングで防ダニ

布団クリーニングで防ダニ

普段、布団は天日干しをします。また、布団を取り込むときは、布団を叩いてしまう人が多いのではないでしょうか? 布団は叩くと繊維が痛み、ハウスダストなどの埃は落とせても、ダニやダニのフンなどは落とせないのです。天日干しにすることで、ダニは死滅するわけではなく、日光の当たらない裏側に移動するだけだからです。また、布団を叩くことによって。ダニのフンや死骸が人の気管に入りやすくなり、アレルギーなどを引き起こす原因にもなりかねません。

よって、布団には、汚れ、ダニ、カビなどがついている可能性は非常に高いのです。この布団の汚れは、洗えば落とせるものが多いのできれいにするには、布団の水での丸洗いが効果的です。布団専用の大型洗濯機で水をたくさん使い、汚れを落とすことができます。また、布団には、掛け布団の場合、襟についた垢、ペットの糞尿、血液、カビ、赤ちゃんがいる家庭ではおしっこのシミなど、シミが多くついています。このシミは、適切なシミ取り剤や石鹸などできれいに落とせることができます。

布団をクリーニングするにあたって、問題点もあります。水洗いによって、羽毛布団やウールの毛布などは、伸縮、型崩れが起こる可能性が高いということ。もう一つは、大きなものを乾かすのですから、乾燥にかなりの時間がかかり、乾燥機代がかかってしまうということです。ドライクリーニングで、羽毛布団やウールの毛布をきれいにするにも問題点はあります。

銀イオンは殺菌(腐敗防止)機能があります。昔の貴族たちは、銀食器を使用していました。銀食器は水や食べ物を置いておくと、少しずつ銀イオンが溶け出してきます。この銀イオンによって腐敗を長期間、防ぐことができたからではないでしょうか。
今のような研究は行われていなかったと思われますので、昔の人の知恵だったのでしょう。金属ということで身体に悪そうなイメージがあり、何となく敬遠しがちですが、銀イオンは殺菌効果があるのは事実です。

スポンサードリンク



布団クリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 布団クリーニングとダニ

ダニの種類は、チリダニ科のダニと、ホコリダニ科のダニがいます。チリダニ科のダニは、人の垢やフケなどを好みます。ホコリダニ科のダニは湿気などで発生するカビを好みます。このダニたちは、適度な温度と湿気、栄養分がある環境を好みます。人は、寝ているときに汗を約200cc(牛乳瓶1本分)ほどかくと言われています。 この汗による湿気により発生したカビ、人の体温による温度、人やペットなどのフケや垢などは、ダニにとって最高の環境となっています。布団は普段、中綿まで見えませんから、知らない間に

布団クリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトや直接お店の電話にて確認していただければと思います。