トップ 布団クリーニングについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




布団クリーニング・ガイド布団クリーニングで清潔 > パックマンの布団クリーニング

パックマンの布団クリーニング

人間は睡眠中に一晩で200ccほどの汗をかきます。この汗の塩分がそのまま布団に残っていて、思っている以上に布団は汚れています。そして、この汗が汚れを吸着させ、さらに塩分によって中綿の復元力も低下させてしまいます。布団についた汗の塩分が原因で、梅雨時期などの湿度が高い時期に布団がジメジメ湿っぽくなってしまいます。また、このジメジメがカビの原因になっています。

ここ最近、布団を水で丸洗いすることが注目されています。かといって、家庭で手洗いするのは物理的に難しいので、専門業者にお願いすることが一般的となっています。打ち直しよりも布団クリーニングのほうがリーズナブルな価格で、さらに清潔になりお得です。パジャマは頻繁に洗うのに、布団は頻繁に洗いません。同じように布団もクリーニングが必要なのではないでしょうか?しかし、羽毛布団のようにキルティングがされていない和布団では、家庭の縦回転のタンブラー式洗濯機で洗うと、洗濯機の中で布団がぐちゃぐちゃになり、揉まれて中綿などが偏ってしまったりします。

パックマンの布団クリーニングは、羽毛布団、こたつ布団のようにキルティングがしっかりしているものや毛布以外の布団は、すべて手作業で手洗いとジェット水流脱水方式で布団をクリーニングしてくれます。この方式でクリーニングをすれば、布団の種類や羊毛、羽毛、綿、合繊などの繊維の種類にかかわらず、きれいに中綿まで洗うことができます。フレスコウォッシングシステムでは、素材によって、洗浄方法、洗剤、柔軟剤、乾燥方法など変えていますので、布団をふっくらとすばらしい風合いに仕上げてくれ、さらに布団も痛みません。

布団についている汚れや塩分などは水溶性ですから、遠心力を使った水での丸洗いできれいに汚れを落としてくれます。また、洗浄には特別な洗剤も使用しますのでさらにきれいに洗うことができます。布団のシミが目立つ部分は、シミ抜き作業できれいに落せます。汚れなどシミがあるものは職人が手作業で丁寧にしみ抜きをしてくれ、ほとんどの水溶性のシミはこの作業で落とすことができます。

スポンサードリンク



布団クリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 布団の水洗い

最近は、コインランドリーに大型洗濯機が置いてあり、布団やこたつ布団など大きなものも洗えるようになりました。何年も使用して汚れたり、カサが減ってしまった羽毛布団や、食べこぼしなどで汚れてしまったコタツ布団など、クリーニング店に出すことをためらってしまうような布団や普段ならば捨ててしまうような布団でも、コインランドリーでしたら気軽に持って行き洗うことができます。コインランドリーならば、自分の都合に合わせて洗濯出来て、便利に利用ができるのではないでしょうか? ただし、羽根布団の中に

布団クリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトや直接お店の電話にて確認していただければと思います。