トップ 布団クリーニングについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




布団クリーニング・ガイド布団クリーニングの依頼 > 布団の丸洗い

布団の丸洗い

冬が終わりかけるころから春にかけて、花粉症で悩んでいる人はたくさんいます。今では、子供までもが花粉症になっているという話です。せっかくのいいお天気で布団を天日干ししたいのに、こんな季節は花粉が付いてしまうので外に布団が干せないという人が多いのではないでしょうか。ドライクリーニングでも、布団のクリーニングをしています。しかし、問題点がいくつかあるのです。

一つ目は、溶剤で洗うドライクリーニングでは、その溶剤の臭いが残ってしまうということ。二つ目は、布団の表面の汚れやシミなどはきれいになるのですが、布団の中綿までの汗や皮脂まではきれいにならないということ。三つ目は、アトピー性皮膚炎や敏感肌の人は、ドライクリーニングの溶剤が刺激物になってしまうこともあるということです。フレスコウォッシングシステムは、布団を丸洗いしますので、花粉などを洗い流すことができます。

また、布団を水で丸洗いしますから、中綿のダニやダニのフン、死骸なども洗い流されます。もちろん、布団表面の汚れやシミもきれいに落とします。最近では、病院や法人、団体専門の布団クリーニング店でもこの最新技術を導入しているそうです。パックマンの布団クリーニングは、EM菌溶剤と柔らかいブラシの手洗いで、どんな汚れなのかをきちんと見て丁寧に汚れを落としていきますから、布団は痛むこともなく、理想的な布団クリーニング方法とされています。もともとの柔らかくふんわりした風合いに洗いあがります。

そして、ジェット水流脱水方式の遠心力を利用して、EM溶剤を布団に浸透させて洗い、脱水していきます。この方式では、布団を揉むような方法ではなく遠心力を利用しているので、中綿が偏ったり、綿落ちしなく、布団にかかる負担は非常に少ないのです。そして、表面はもちろんのこと、中綿の汗や皮脂の汚れ、ダニやダニのフンまでもが、きれいに洗い流され、清潔な布団になる布団クリーニングなのです。

スポンサードリンク



布団クリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 布団クリーニングの注意点

布団クリーニングをする際に、側生地が金色や銀色の糸を使っている生地は、丸洗いすると変色したり、破れたりすることがあります。また、ムートンや天然皮革を使っている布団の生地は、洗浄をすると縮んでしまうことがあります。このように、クリーニング店では生地によって取扱いがない場合があります。クリーニングを出す際は、注意点として必ず素材を確認する必要があります。 布団クリーニングで洗浄、乾燥するのに、向いている布団は、羽毛布団やこたつ布団などです。これらの布団は、生地にキルティング加工が

布団クリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトや直接お店の電話にて確認していただければと思います。