トップ 布団クリーニングについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




布団クリーニング・ガイド布団クリーニングの依頼 > 布団クリーニングで消臭

布団クリーニングで消臭

春先、花粉が舞い始めると外に天日干しすることができなくなる人が多いのではないでしょうか。また梅雨時期は、天気も悪く布団が干せず、布団がジメジメしてきて不快な思いをすることが多いと思います。この時期は特に、ダニの繁殖が盛んになります。この場合、もちろん布団クリーニングをしたほうがいいのですが、乾燥機だけでも十分ダニの除去や雑菌の殺菌をもできます。コインランドリーの乾燥機は、高温の熱風で乾燥させますので、ダニや雑菌を除去する方法として効果的といえるでしょう。

快適な布団で睡眠をとるために、少なくとも年に1回、できれば、半年に1回ぐらい布団クリーニングをすることをお勧めします。布団クリーニングでは、マイナスイオン加工が施されています。クリーニング業界初の試みがマイナスイオン加工なのです。マイナスイオンは癒し効果があるといわれているので、この加工をした布団で睡眠すれば、翌朝、すっきりと気持ちのいい目覚めが訪れるでしょう。

しかし、ペットのおしっこ(特に猫)のニオイなどは、通常の布団クリーニングでは落としきれません。このニオイを除去するには、ペット消臭加工をしなければなりません。
また、布団は人が寝ているときの汗を大量に吸収しています。これらの、ペットのおしっこのアンモニアや、汗からでる塩分は、衛生的によくありません。布団クリーニングは春先にしたほうが効果的でしょう。

これから梅雨や夏に向かってダニが繁殖しやすくなります。ダニが繁殖する前に、すでに布団についているダニを除去するほうが、ダニの繁殖を抑えることができます。布団クリーニングによって、ダニは数匹以下まで除去できるといわれています。ただし、注意しなくてはいけない点もあることは事実。クリーニング商法では、布団などを無料や低価格で点検した後に、その布団に問題点があるかのように大げさに話をして、高額のものなどを売りつけるという商法です。この商法に合わせて、かたり商法といわれるよくある手口の商法をされることがあります。このかたり商法は、浄水器、布団、床下換気扇の販売に使われることが多く、いろいろな手口があるので注意が必要でしょう。

スポンサードリンク



布団クリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 羽毛布団のクリーニング

羽毛布団に入っている羽毛には、油分がついています。この油分がなくなってしまうと羽毛布団の特徴である膨らんだり縮んだりする弾力性がなくなってきてしまいます。ですから、羽毛布団を長持ちさせるためには、5年に1度、多くとも1年に1度、洗えばいいといわれています。洗う頻度は、ニオイなどが気になったりして、人それぞれによって違ってくるでしょう。 フレスコウォッシングシステムでは、布団を丸洗いする最新の技術です。この技術で、細菌類、ダニ繁殖の原因である人体からでる脂肪や尿素もきれいに洗い

布団クリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトや直接お店の電話にて確認していただければと思います。