トップ 布団クリーニングについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




布団クリーニング・ガイド布団クリーニングの依頼 > 布団クリーニングと布団の素材

布団クリーニングと布団の素材

シャボン玉石けんは、洗った後の排水も地球にやさしく、肌にもやさしい石鹸です。そして布団の乾燥には、綿布団では予備乾燥で40℃180分、本乾燥で100℃120分かけて、たっぷり時間をかけて乾燥します。急激に乾燥させてしまいますと、布団の繊維同士がくっついて本来のふんわりした布団に戻らなくなってしまうからです。羽毛布団の場合は、回転式ドラムの中で90℃90分の時間をかけ、ふんわりした布団にされます。このように、羊毛、絹、木綿、羽毛などの布団の素材の種類によって、乾燥温度は異なってきます。

クリーニングの長年の経験を活かして、素材に合わせた適切な温度で乾燥を行い、衛生的でふっくらした布団のクリーニングができるのです。乾燥方法までも変えているので中綿や側生地の素材を問わず、布団クリーニングをすることが可能なのです。昔は、布団は洗濯出来ないもので、干すだけで乾燥させればいいと思われていました。技術が進歩していなかった時代では、布団を洗うことが困難で、洗わないほうがいい、洗うことはできないと思っていたのでしょう。

しかし、布団は天日干しだけでは、乾燥はできても汚れやニオイまで落とすことはできません。布団を完全に中綿まできれいにするには布団クリーニングが効果的なのです。布団クリーニングを是非ともやっていただきたい方は、花粉症やアレルギー性鼻炎を持っている方、家の中でペットを飼育している方、アトピー性皮膚炎を持っている方、在宅高齢者がいる方などが、お勧めです。布団クリーニングを行えば、衛生的な布団で、快適な睡眠が得られるでしょう。

スポンサードリンク



布団クリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 羽毛布団のクリーニング

羽毛布団に入っている羽毛には、油分がついています。この油分がなくなってしまうと羽毛布団の特徴である膨らんだり縮んだりする弾力性がなくなってきてしまいます。ですから、羽毛布団を長持ちさせるためには、5年に1度、多くとも1年に1度、洗えばいいといわれています。洗う頻度は、ニオイなどが気になったりして、人それぞれによって違ってくるでしょう。 フレスコウォッシングシステムでは、布団を丸洗いする最新の技術です。この技術で、細菌類、ダニ繁殖の原因である人体からでる脂肪や尿素もきれいに洗い

布団クリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトや直接お店の電話にて確認していただければと思います。