トップ 布団クリーニングについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




布団クリーニング・ガイド布団クリーニングで清潔 > 布団の水洗い

布団の水洗い

最近は、コインランドリーに大型洗濯機が置いてあり、布団やこたつ布団など大きなものも洗えるようになりました。何年も使用して汚れたり、カサが減ってしまった羽毛布団や、食べこぼしなどで汚れてしまったコタツ布団など、クリーニング店に出すことをためらってしまうような布団や普段ならば捨ててしまうような布団でも、コインランドリーでしたら気軽に持って行き洗うことができます。コインランドリーならば、自分の都合に合わせて洗濯出来て、便利に利用ができるのではないでしょうか?

ただし、羽根布団の中に入っている羽毛には、油分がついておりこの油分があるおかげで膨らんだり縮んだりします。従って、素人判断で水洗いやドライクリーニングをしてしまいますと、この油分がなくなってしまい、50年ぐらい使用できるといわれている羽毛の寿命も短くなってしまうのではないでしょうか。この点は注意が必要です。近年の住宅事情をみてみますと、冷暖房によって1年を通して室内は適温になっています。

そして、住宅自体も気密性が高まっており、ハウスダストがたまりやすくなっています。特に、布団などには、ダニや細菌が好む環境になりやすくなっていますので、大量のダニやホコリがついています。専門業者による布団クリーニングはEM菌(有用微生物群)を使用するので、環境にもとってもやさしいクリーニングだといえます。環境にもやさしいということは、人体にも優しく、布団にもやさいしいので、布団クリーニング後も安心して布団を使用することができます。

布団クリーニングでは、このEM菌を使用して布団のシミ抜きをして表面をきれいにします。その後、遠心分離機の原理を利用したジェット水流脱水方式を使用して大量の水を高圧のジェット水流で布団に打ちつけます。中綿まで水と洗剤を行き渡らせ、洗浄していきます。この方式で汚れやダニなどを洗い流していくのです。布団クリーニングによって、ダニの死亡率は100%といわれています。ただ、長期間使用した布団の中綿はかなり弱くなっています。布団クリーニングによって、羽毛布団の場合、羽毛が折れてきれてしまったり、中綿の繊維が痛んで切れたりしてしまうことがあるようです。この細かくなってしまった中綿が洗浄によって流れてしまい、カサが減ってしまうこともあります。また、側生地が光沢があるようなものですと、布団クリーニングによって光沢がなくなりシワになってしまうこともあります。

スポンサードリンク



布団クリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ コインランドリーで布団クリーニング

人間は、1年間に7万3千ccの汗をかくといわれています。寝ているだけも汗はかきますし、まして夏はかなりの汗の量をかきます。この汗をかいた布団を5年、10年と使用していると、布団の中は、塩分やカビなどが繁殖している可能性は大きいのです。布団の中の綿は思っていた以上の汚れやハウスダスト、ダニ、カビ、汗による塩分がたまっています。天日干しだけですと、これらの汚れなどを落とすのは難しいです。 これだけたまった汚れなどを落とすには、布団の丸洗いが効果的です。丸洗いをしますと、天日干しだ

布団クリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトや直接お店の電話にて確認していただければと思います。