トップ 布団クリーニングについて お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




布団クリーニング・ガイド布団クリーニングの方法 > 布団クリーニングを家庭で行う

布団クリーニングを家庭で行う

家庭で布団を洗う場合、洗剤は石鹸ではなく、中性洗剤やヘアーシャンプーを使いましょう。また、乾燥させるときは、ヘアードライヤーを使って羽毛をほぐすように乾かします。天日干しを併用するとより早く乾かすことができるでしょう。しかし、家庭で布団をクリーニングすると、中綿が固まってしまったりしてボコボコになってしまうことが多いです。また、洗う際に力を入れすぎて生地を破いてしまったり、完全に汚れが落ちなかったりすることもあります。ですから、家庭でクリーニングをすることはお勧めできません。専門業者に依頼することをお勧めします。

天日干しや布団乾燥機では、乾燥はできてもきれいになることはありません。布団も衣類のように丸洗いをする必要があるのです。布団クリーニングをしますと、生地の汚れはもちろん、中綿や羽毛まできれいに汚れやニオイをおとして清潔な布団に生まれ変わります。長い間放置していた汚れ(シミ)などは、落ちないことがありますが、中綿自体は、きれいになっていますので、すっきりした感じは得られるでしょう。

布団の汚れのほとんどは水溶性の汚れです。ですから、布団クリーニングを行う時は、ウェットクリーニングとよばれる水洗いを行い、水できれいに汚れを落とします。この汚れは、ダニ、ダニの死骸、ダニの幼虫や卵などです。クリーニングすることによって、これらのダニや中綿のほかの汚れなどをきれいに洗い流してくれます。このように、布団クリーニングでは、布団を丸々洗ってくれます。

布団の種類は綿布団、羽毛布団、羊毛布団が適しています。こたつの敷布団や羊毛のベットパットは、他の中綿に比べ縮みやすい性質をもっているため、仕上がり時に縮んでしまうことがあります。布団クリーニングを行いますと、汚れから発するニオイはとれますが、羽毛や羊毛など本来のニオイがきつくなることもあります。ドライクリーニングでは、油などの汚れは落とすことができますが、水溶性の汚れや汗の塩分、ダニの死骸やダニのフンまで洗い流すことはできません。

スポンサードリンク



布団クリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 布団の洗濯

全国でアレルギーを持っている人は、全体の三分の一もいるそうです。アレルギーを持っている人で、ハウスダストがアレルゲンという人は多いのではないでしょうか。ハウスダストは空気中に舞っているようなイメージがありますが、空気中はごく一部で、ほどんどは、寝具の布団、枕、毛布など、ソファー、カーペット、ぬいぐるみなどに、静電気で引き寄せられ付着しています。 付着したハウスダストは、内部などに入り潜んでいます。人体に有害な物質を含んでいるハウスダストは、子供のぜんそく、抵抗力の弱い老人など

布団クリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトや直接お店の電話にて確認していただければと思います。