トップ 布団クリーニングについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




布団クリーニング・ガイド布団クリーニングの方法 > 布団クリーニングを水洗いで

布団クリーニングを水洗いで

布団には、気付かないだけで様々な汚れが付いています。布団のような環境を好むダニ、大腸菌、黄色ブドウ球菌、雑菌、人体やペットから出る脂肪、尿素、タンパク質など、調べると色々検出されます。また、室内のホコリやチリも静電気によって引き寄せられ、付着しています。これらの汚れは、ぜんそく、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などの症状を引き起こす要因になります。

特に、アレルギーを引き起こす要因になるのが、ダニです。アレルギーを引き起こす主な原因は、ダニだけではなく、ダニのフンや死骸です。ダニのフンには、システィンプロテアーゼやセリンプロテアーと呼ばれるタンパク質と呼ばれる物質が入っています。このダニ、ダニのフン、ダニの死骸がアレルギーを引き起こすアレルゲンとなるのです。これらの汚れなどを落とすには、布団クリーニングで丸洗いをしないと落ちないのです。また、寝汗などでかいた汗の汚れがついた布団は、生地が傷みやすく、布団自体の寿命が短くなります。

布団クリーニングは、まず、前処理としてシミ・汚れの部分に前処理剤を付けます。そして、布団を巻いて、本洗い、脱水、すすぎ、脱水、すすぎ、脱水、すすぎ、脱水と繰り返します。「ザブザブ」の布団クリーニングでは、布団を洗う時に使われる洗剤は布団丸洗い専用に開発された特殊洗剤で、科学的にも証明されている洗剤です。羽毛布団や羊毛布団は中綿の表面を保護するために油脂分が、綿布団にはロウが塗られています。これらの保護している油脂やロウを落とさずに、塩分や汚れなど不要なものをきれいに洗い流してくれます。

布団についている汚れのほとんどが、水溶性なので水洗いできれいに落とせます。すすぎにも時間をかけ、洗剤が残らないようにすすがれます。このように洗われた布団は清潔で気持のいいものに仕上がります。そして、ドライクリーニングのように、石油系洗剤ではないので、独特なイヤなニオイが残りません。ただし、詐欺目的の布団クリーニング商法もあり、それらの被害を受ける方は、お年寄りが多いそうです。このような被害が合わないように、きちんと確認を取ることが大切です。

スポンサードリンク



布団クリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 布団クリーニングで防ダニ

普段、布団は天日干しをします。また、布団を取り込むときは、布団を叩いてしまう人が多いのではないでしょうか? 布団は叩くと繊維が痛み、ハウスダストなどの埃は落とせても、ダニやダニのフンなどは落とせないのです。天日干しにすることで、ダニは死滅するわけではなく、日光の当たらない裏側に移動するだけだからです。また、布団を叩くことによって。ダニのフンや死骸が人の気管に入りやすくなり、アレルギーなどを引き起こす原因にもなりかねません。 よって、布団には、汚れ、ダニ、カビなどがついている可

布団クリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトや直接お店の電話にて確認していただければと思います。