トップ 布団クリーニングについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




布団クリーニング・ガイド > 布団クリーニングの方法

布団クリーニングの方法

ドライクリーニングは揮発性の油で洗浄するので、ドライクリーニング独特のニオイがついてしまうのは仕方がないことです。ただし、羽毛布団の場合は、羽毛本来の柔らかさや膨らんだり縮んだりする風合いが変わってしまうので注意が必要です。布団クリーニングの場合、大量の水を使用して洗浄します。綿布団の場合、洗浄とすすぎで約240リットルの水を使います。 羽毛布団の場合、羽毛が飛び出さないように側生地の目が細かく出来ていますので、洗浄を1回、すすぎを2回行い約400リットルの水を使って十分に布



布団クリーニングの方法の記事

布団クリーニングの方法のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

布団クリーニングとドライクリーニング

ドライクリーニングは揮発性の油で洗浄するので、ドライクリーニング独特のニオイがついてしまうのは仕方がないことです。ただし、羽毛布団の場合は、・・・


布団クリーニングで丸洗い

布団を天日干しするだけですと、布団についている雑菌を完全に除去することはできません。天日干しや布団乾燥機は乾燥させるだけです。布団は、昔は古・・・


布団クリーニングを家庭で行う

家庭で布団を洗う場合、洗剤は石鹸ではなく、中性洗剤やヘアーシャンプーを使いましょう。また、乾燥させるときは、ヘアードライヤーを使って羽毛をほ・・・


布団クリーニングとシミ抜き

布団クリーニングをする人で、「布団クリーニングの達人」と呼ばれるマイスターがいるそうです。このマイスターは、布団クリーニングをする際、布団と・・・


布団クリーニングを水洗いで

布団には、気付かないだけで様々な汚れが付いています。布団のような環境を好むダニ、大腸菌、黄色ブドウ球菌、雑菌、人体やペットから出る脂肪、尿素・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 羽毛布団のクリーニング

羽毛布団に入っている羽毛には、油分がついています。この油分がなくなってしまうと羽毛布団の特徴である膨らんだり縮んだりする弾力性がなくなってきてしまいます。ですから、羽毛布団を長持ちさせるためには、5年に1度、多くとも1年に1度、洗えばいいといわれています。洗う頻度は、ニオイなどが気になったりして、人それぞれによって違ってくるでしょう。 フレスコウォッシングシステムでは、布団を丸洗いする最新の技術です。この技術で、細菌類、ダニ繁殖の原因である人体からでる脂肪や尿素もきれいに洗い

布団クリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトや直接お店の電話にて確認していただければと思います。