トップ 布団クリーニングについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




布団クリーニング・ガイド布団クリーニングの方法 > 布団クリーニングで丸洗い

布団クリーニングで丸洗い

布団を天日干しするだけですと、布団についている雑菌を完全に除去することはできません。天日干しや布団乾燥機は乾燥させるだけです。布団は、昔は古くなると打ち直しをして再び布団にしていました。しかし、布団の中綿はそのまま利用していたので、中綿についた汚れやニオイはそのままでした。ですから、布団を確実に殺菌する方法で効果的なのは布団クリーニングが最適です。

布団クリーニングをしますと、布団の中綿に入っているダニをほぼ完全に除去することができます。布団クリーニングができる素材ですが、羊毛、羽毛、ポリエステル、綿、シルクでしたら、ほぼ確実にクリーニングできます。また、ムートンやファーなどの皮革製品は、確認が必要です。さらに、布団クリーニングを行う際に注意しなくてはいけないことはがあります。全く水を通したことのない生地で作られた側生地は、縮む可能性があります。また、羽毛布団の側生地に穴があいている場合などは、その穴から羽毛が飛び出してしまい、カサが減ってしまう原因になりますので、クリーニングは避けましょう。

羽毛布団を家庭で丸洗いする場合、必ず洗濯表示を確認しましょう。ウォッシャブルと記載してあるものは家庭で洗うことが可能ですが、記載されていない場合は専門業者や寝具専門店に洗浄をしてもらったほうがいいでしょう。布団クリーニングをしますと、汗などの汚れが落ちた、ダニがいなくなった、布団が柔らかく軽くなったなど、気分的にとても気持ち良くなったとの気分にさせてくれます。

しかし、布団クリーニングをしたのに、シミが落ちていないということがあります。これは、布団クリーニングは、漂白剤を使用していないからなのです。布団クリーニングをする際、シミを取る処理はします。しかし、しつこいシミなどは、やはり漂白剤を使用しないと落ちません。漂白剤を使用しますと、環境や人体にはあまり良くなく、また布団の中綿や側生地を傷める原因にもなりますので、使用しないで洗浄しています。

スポンサードリンク



布団クリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 布団クリーニングとシミ抜き

布団クリーニングをする人で、「布団クリーニングの達人」と呼ばれるマイスターがいるそうです。このマイスターは、布団クリーニングをする際、布団と会話をするかのように、よく布団を観察して、どこがどのように汚れているのか、シミは何のシミで、どのぐらい時間が経過しているのかを見極めるそうです。その観察によって、シミ抜きを行う際の洗剤を変えて、シミを落としていきます。 しかし、長期間たったシミは、なかなか落とすことが困難なものもあるそうです。このなかなか落ちないシミは、布団の生地の品質を

布団クリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトや直接お店の電話にて確認していただければと思います。