トップ 布団クリーニングについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ




布団クリーニング・ガイド布団クリーニングの方法 > 布団クリーニングとシミ抜き

布団クリーニングとシミ抜き

布団クリーニングをする人で、「布団クリーニングの達人」と呼ばれるマイスターがいるそうです。このマイスターは、布団クリーニングをする際、布団と会話をするかのように、よく布団を観察して、どこがどのように汚れているのか、シミは何のシミで、どのぐらい時間が経過しているのかを見極めるそうです。その観察によって、シミ抜きを行う際の洗剤を変えて、シミを落としていきます。

しかし、長期間たったシミは、なかなか落とすことが困難なものもあるそうです。このなかなか落ちないシミは、布団の生地の品質を考えながらある程度しか落せないようです。ここで無理にシミを落とそうとすると布団の生地が傷んでしまうこともあるからです。布団クリーニングをする際は、このようなこともあるということを、了解しなければいけないでしょう。余り時間が経ってしまうと、シミ抜きも難しくなってしまうのです。布団クリーニングができないものは、ホットカーペットや電気毛布などのような電熱機器が入っているもの、真綿(絹)、キャメルの布団は、丸洗いできません。

また、キルティング加工してない布団は、中綿や羽毛が偏ってしまうことがあるので丸洗いはできません。長期間放置されていたシミ、水溶性でない汚れなどは、無理に落とそうとすると、布団の生地自体が傷んでしまうことがあるので、完全に落とすことができないこともあります。布団クリーニングを行う際は、除菌効果のあるオゾン水と、抗酸化作用(酸化防止)のあるEM菌を使いますので、ダニや雑菌などをの中綿の汚れはきれいに落とすことができます。ただし、注意したい点は、布団クリーニングを利用して消費者をだますことが増えているようです。

詐欺の方法は、布団の無料クリーニング、格安クリーニングと言って家を訪問し、高額な品物(例えば、羽毛布団や外国製の掃除機)を売りつける商法。また、布団クリーニングをいって、布団に掃除機だけをかけ、こんなに汚れている、ダニがいるといって、高額なものを売りつける商法。このように布団のリフォームを迫って、後から高額な補修費を請求する商法など、被害は拡大していますので、注意が必要です。

スポンサードリンク



布団クリーニング・ガイドのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ 布団クリーニングで消臭

春先、花粉が舞い始めると外に天日干しすることができなくなる人が多いのではないでしょうか。また梅雨時期は、天気も悪く布団が干せず、布団がジメジメしてきて不快な思いをすることが多いと思います。この時期は特に、ダニの繁殖が盛んになります。この場合、もちろん布団クリーニングをしたほうがいいのですが、乾燥機だけでも十分ダニの除去や雑菌の殺菌をもできます。コインランドリーの乾燥機は、高温の熱風で乾燥させますので、ダニや雑菌を除去する方法として効果的といえるでしょう。 快適な布団で睡眠をと

布団クリーニング・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトや直接お店の電話にて確認していただければと思います。